骨の髄まで私に尽くせ

骨の髄まで私に尽くせ

▼無料画像はここから▼

 

著作:長堀かおる

 

「私のものになって」
愛を約束したにもかかわらず破ってしまった一樹。
裏切者には「復讐」を・・・

 

 

一樹は何の変哲もない平凡な家庭を持つサラリーマン。
ごく普通に結婚して子供をつくり、会社でもごくごく普通。
そんな一樹の前に現れたのは、一樹の初恋の人さやかでした。

 

さやかは一樹に依存し、「あなたしかいない」とまで言ってくれます。
全てを捧げると宣言までしてくれたさやかに愛を誓う一樹ですが・・・
一樹は家庭があり、それを無視することはできません。

 

さやかも一樹に家庭がある事は知っていましたが、それでも自分を選んでくれると信じていたようです。
初めてホテルに行ったその日、幸せな気分で一緒に寝ていたさやかですが、それをぶち壊したのは一樹でした。
娘が急に高熱を出したと言って、そそくさと返ってしまう一樹。
全てを捧げた相手の裏切り。それはさやかが復讐に走るには十分すぎる動機でしょう。
そもそも、さやかが身体を差し出した代償は骨の髄まで私に尽くせと言う事であるはず。
それを理解していなかった一樹にも問題はありますが。。。

 

さやかは一樹を取り戻すために過激な行動を始めます。
初めは自傷で、次は一樹に社会的なダメージを与える方法で。
さやかの行動に怒る一樹ですが、その過程で一樹はさやかの凄惨な過去を知ってしまいます。

 

男運が悪い、と言う程度ではかたずけられないほど酷い過去を告白するさやか。
実はこの一端は一樹が担っていたのですが、一樹がしたことはさやかの過去の中では些細な方です。
それほどの過去を告白されてた一樹。
怒るか敬遠するか、と思っていたら、よほど庇護欲がかきたてられたのでしょう。
一樹はさやかを「手放さない」と誓ってしまいます。

 

しかし、さやかは一樹に教えていない過去がまだあるようです。
それを知った時、一樹はどう出るのか?
判明しているだけでも相当酷い過去を持つさやか。
そのさやかが離せないほどの過去がまだある・・・!?

 

骨の髄まで私に尽くせはただの不倫劇かと思いきや、すねに傷のある一樹と、暗すぎる過去を持つさやかが織りなすホラーです。
ホラーと言っても幽霊の類は全くナシ。
ただひたすらに「人間」が怖いです。
骨の髄まで私に尽くせは長堀かおるさんの初作品との事ですが、ものすごくよくできており絶対おすすめしたい漫画です。